リファイング・ローション2を使ったら顔がかゆいし赤い!

クリニークの「クラリファイング・ローション2」を購入しました。

 

クリニークは昔から知っている有名なブランドです。クラリファイング・ローション2」購入前に、フェイシャルソープや「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス」を使用したことがありました。

 

「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス」は、想像以上に効果があり気に入って使用していました。

 

その際に、「クラリファイング・ローション」シリーズをいつも店頭で見かけていたのでいつか使いたいなと思っていました。

 

口コミの評判がとても良かったことやクリニークのブランドを信用していたので、混合肌用の「クラリファイング・ローション2」のフルボトルサイズを最初から購入しました。

 

使用した感想としてはまず、鼻につんとくるアルコールの臭いがとてもきつくて衝撃でした。ここまでアルコールがきつい化粧水(クラリファイング・ローション2)を顔に使用して良いのか、かなり不安でした。

 

また、無香料と表示はされていましたが、「クラリファイング・ローション2は、とてもにおいがきつく不快な気持ちでした。正直、はじめて「クラリファイング・ローション2」のふたを開けた瞬間、「失敗したかな」を思いました。

 

それでも、クリニークというブランドと口コミを信じて使用しましたが、使用してすぐに顔が赤くなりました。最初は、「気のせいかな」とか「しばらく使用を続ければ肌がローションに慣れて治まるかな?」と前向きな気持ちで使い続けました。

 

しかし、使用を続けても肌が慣れるということはありませんでした。口コミやクリニークの公式ホームページで書かれているような効果は全く感じられませんでした。さらに、使い続けるうちに、肌が赤くなるどころか、だんだん痒くなってきました。顔をかくのは恥ずかしいし、さらに、爪のあとが顔につくのも傷がつくのもとても嫌だったので、「クラリファイング・ローション2」の使用を中止しました。

 

「クラリファイング・ローション2」の使用を止めて、今まで使用していた化粧水に戻すと、2〜3日で痒みが治まりました。また、顔の赤みはすぐに取れました

 

口コミやブランド名、以前に使用したクリニーク商品が良かったので、最初からフルボトルを購入してしまいましたが、正直、「クラリファイング・ローション2」の購入は失敗したと思っています。お試しサイズから購入すれば良かったと後悔しています。もちろん、「クラリファイング・ローション2」を2度と買う予定はありません。

 

その後、なんとなくクリニークに対して信用がなくなり、他の基礎化粧品の購入も止めてしまいました。